ソープ嬢の実態|今日こそはって日の前に仙台のソープへGOGOGO!

ソープ嬢の実態

浴衣の女性

ソープ嬢だけ風俗の働くお店の女の子と違うのはご存知ですか?実は他のデリヘルや回春マッサージのお店、ピンサロとはまた違う形態で働いているのです。
実はレギュラーで入っているソープ嬢は個人事業主扱いなんです。「ええ!?そうなの!?」とビックリされる方も多いはず。私も初めてきいた時には驚かされました。では、なぜ個人事業主として扱われるのか。今回はそういった皆さんがあまり知らないような内部のことについて触れていきたいと思います。
実はソープ嬢達は法解釈により皆さんが入り口で払っているのは入浴代としてお金を払っているのであり、その後に女の子にお金を支払うのはサービス料ではなく個室内で男女の恋愛が生まれ、合意のもとで渡している物となるそうです。また、お店はそういう場所を提供しているだけであって、中での行為に関してはその女の子とお客の間での合意の下で行われている事であって管理はしていないとのことです。なので、ソープ嬢はコンドームや消毒液、うがい薬などそういった物は自分で揃えなければいけないという規則があるらしく、またソープ嬢がお休みの日は公休扱いにされます。実はこういった形でソープランドは経営をしてきているのです。まさにグレーゾーン!といっても過言ではないででょう。
ですが、近年東京オリンピックの開催が2020年と開催間近に控えた今。風営法の規制が厳しくなり今ある風俗店ソープ店は一部閉鎖に持ち込まれる可能性が高いと思われます。1990年大阪で国際花と緑の博覧会が開催された際、そのグレーゾーンとなるソープ店も含め一部の風俗店を除き多くの店が店を閉めることを余儀なくされました。また、同じ現象が2020年までに起きてしまうかもしれません。男性としては風俗店がなくなるのは少し悲しい部分はありますが、法律は守らなければならないので仕方がないですね。それまで、男性のみなさんは賢く遊びましょう!